スポンサードリンク

バナジウム水と糖尿病改善作用

バナジウム水は、糖尿病の予防と改善作用が期待されています。それは、バナジウム水に含まれるバナジウムイオンが、一定量摂取することで細胞内のカルシウムイオン(Ca2+)を高める作用を持つことによるとする説があります。



ヒトでは首、腋の下、肩甲骨周囲、心臓・腎臓周囲にある褐色脂肪細胞が、摂取したカロリーを熱として放出させる働きをしていることが知られています。



しかし、褐色脂肪細胞は、成長期に入ると少しずつ減り、生まれたばかりの時に約100gあったものが、成人になると40g程度にまで減少します。これがいわゆる中年太りなどをもたらし、生活習慣病の原因となると考えられています。



体内のほぼ全ての細胞にはミトコンドリアという細胞小器官が存在し、グルコース(ブドウ糖)を原料として、“生体のエネルギー通貨”と呼ばれる「アデノシン三リン酸(ATP)」を合成しています。



バナジウム水のバナジウムイオンによって細胞内のカルシウムイオン(Ca2+)が高まるとミトコンドリアは、諸酵素の活性を高め、ミトコンドリアでの代謝作用を増強することが知られています。



褐色脂肪細胞内のミトコンドリアもまた、カルシウムイオン(Ca2+)流入は諸酵素の活性を高め、ミトコンドリアでの代謝作用を増強しグルコース(ブドウ糖)を消費して発熱量の増加をもたらすことで血糖値の減少作用が期待できます。



筋肉内のグリコーゲンの代謝の促進もまた、血糖値を下げる作用のひとつです。グリコーゲン(glycogen)は、主に肝臓と筋肉に存在しています。肝臓に存在するグリコーゲンは必要に応じてブドウ糖(グルコース)に分解されて、血液に放出されます。肝臓から出されたブドウ糖は血糖値が下がり過ぎないように血糖値維持に役立ちます。



それに対し、筋肉のグリコーゲンから分解されたブドウ糖は、筋肉で消費され血液中に放出されることがないことから血糖値に影響をもたらしません。



ブドウ糖あるいはグルコース(glucose)は、糖の一種であり、食事から摂取された炭水化物は小腸でグルコースに分解され筋肉や肝臓にグリコーゲンとして蓄えられます。



筋肉グリコーゲンの消費促進は血中グルコースからのグリコーゲン生成を誘発するため、間接的に血糖値の低下につながります。



バナジウム水に含まれるバナジウムイオンは、一定量摂取すると細胞内のカルシウムイオン(Ca2+)を高める作用があります。



筋肉細胞にあるカルシウム貯蔵器官である小胞体は、カルシウムイオン(Ca2+)濃度があるレベル以上になるとオシレーション(律動的放出)をおこし、それによって筋収縮、神経伝達物質の放出、グリコーゲンの分解を促進します。



膵臓β細胞の小胞体のカルシウムイオン(Ca2+)濃度も一定以上になると、カルシウムイオン(Ca2+)のオシレーションが起き、これに同調してインスリンのオシレーションも起きるのが知られています。



この反応を応用しているのが、最も一般的な糖尿病治療薬のスルホニル尿素剤(SU剤)であり、バナジウム水に含まれるバナジウムイオンは生体でSU剤服用と同じ反応を起こしていると考えられています。



ところで、正常成人(70kg)では、肝臓グリコーゲン72g、筋肉グリコーゲン245gが保持されており、これは、ほぼ1日分の必要カロリーを賄うことができる量です。



骨格筋や心筋の小胞体は特に発達していて、形も大きく、しかも、カルシウムイオン(Ca2+)濃度がある程度にまで上昇すると、それが引き金となってカルシウムイオン(Ca2+)が放出されるCa2+誘発Ca2+放出(CICR:Ca2+induced、Ca2+reduced)という機構があります。



この筋小胞体からのオシレーションにより筋の収縮がおこると同時に、カルシウムイオン(Ca2+)によりホスホリラーゼキナーゼの活性によりホスホリラーゼの急速な活性化がおこり筋肉中のグリコーゲン分解は直ちに数百倍に拡大します。



筋肉グリコーゲンの分解は、グルコースを経由しないでそのまま代謝燃料として筋肉の要求にこたえて消費されるため血糠値の上昇をもたらさず、筋肉グリコーゲンの消費はグルコースからのグリコーゲン生成を誘発するため、間接的に血糖値の低下につながります。



以上の作用が、バナジウム水が、糖尿病に効果がある要因であるとする説が唱えられています。



また、効果的なバナジウムイオンの摂取量は、1日当たり80〜100μgが必要なようです。これは、バナジウムイオンを200μg/L含むバナジウム水ならば、500mlの飲量に相当するといえます。



バナジウム水の効用 / バナジウムの効能 / バナジウム水と糖尿病改善作用 / バナジウム水と痛風 / バナジウム水とがん抑制効果 / バナジウム水と糖尿病 / バナジウム水でインフルエンザ予防 / バナジウム水と便秘改善効果 / バナジウム水と貧血予防効果

バナジウム水と糖尿病の予防と改善効果

バナジウム水と呼ばれる天然水が糖尿病に効果があるといわれています。バナジウム水が含むミネラル成分であるバナジウムの効能について始めて報告がなされたのは、1987年のアメリカでのことです。それは、バナジウムの化合物にインスリン効果があるという研究報告でした。



しかしながら、糖尿病の治療にはバナジウムを1日数十ミリグラム摂取する必要であるとされています。ところが、天然水のバナジウム水の場合には、それよりはるかに少ないバナジウムの摂取量で効果があるといわれています。



バナジウムは水中にあるときは五酸化バナジウムの形で安定して存在するといわれています。天然バナジウム水内に存在するバナジウムはほとんどが五酸化バナジウムであるとされています。これに注目した研究報告が前国立愛媛大学医学部奥田拓道教授によってなされています。



五酸化バナジウム(X2O5)は脂肪細胞中に血液中の糖を導くというインスリン様作用を持つのみならず、血糖値を上げる遊離脂肪酸の分解を防ぐ作用も有しているとしています。



バナジウム水がごく少量のバナジウムで血糖値の低下に効果があるのはこの五酸化バナジウムが理由のひとつと推測されます。バナジウム水はミネラル水ですからホットでも冷水でも手軽に摂れて、一様に効果を得ることができます。血糖値が気になる人は一度試してみてはいかがでしょう。


バナジウム水の効用 / バナジウムの効能 / バナジウム水と糖尿病改善作用 / バナジウム水と痛風 / バナジウム水とがん抑制効果 / バナジウム水と糖尿病 / バナジウム水でインフルエンザ予防 / バナジウム水と便秘改善効果 / バナジウム水と貧血予防効果

スポンサードリンク


バナジウム・サプリ 最新一覧 By 楽天


バナジウム水 最新一覧 By 楽天






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。