スポンサードリンク

五酸化バナジウム

バナジウムは水中にあるときは五酸化バナジウムの形で安定して存在するといわれています。天然バナジウム水内に存在するバナジウムはほとんどが五酸化バナジウムであるとされています。



そして、五酸化バナジウムは、特異な性質を有するという説があります。前国立愛媛大学医学部奥田拓道教授によると五酸化バナジウム(X2O5)は脂肪細胞中に血液中の糖を導くというインスリン様作用を持つのみならず、血糖値を上げる遊離脂肪酸の分解を防ぐ作用も有しているとしています。 



つまり、遊離脂肪酸は、血糖値をあげる原因であるとしています。肥満は、血液中の余分なグルコース(ブドウ糖)やリポタンパクが脂肪細胞に取り込まれることが要因であり、あるていど肥満状態が続くと、脂肪細胞内の脂肪が自然分解されて遊離脂肪酸となり血液中へと放出されるのだが、遊離脂肪酸には「インスリン抵抗性」があるため、筋肉細胞に取り込まれたグルコースの代謝を阻害し、筋肉細胞内にグルコースが取り込まれること自体を阻害して、結果的に血糖値を高くしているわけです。



五酸化バナジウムは脂肪細胞内の油滴が自然分解することを防ぐ作用があることで遊離脂肪酸が血液中に増えてインスリン抵抗性を出現させることを阻むことで、血糖値の増加を抑えることが出来るということになります。



つまり、バナジウム水の効能は、インスリン様作用だけではなく、遊離脂肪酸の分解を防ぐ作用も有していることによってもたらされていると説明されているんです。


バナジウム / 五酸化バナジウム / バナジウム水はミネラルが豊富 / バナジウム水とミネラル

スポンサードリンク


バナジウム・サプリ 最新一覧 By 楽天


バナジウム水 最新一覧 By 楽天






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。