スポンサードリンク

バナジウム水と痛風の予防と改善効果

バナジウム水が、痛風の予防と改善に効果があるといわれています。痛風(gout)は、何らかの原因で尿酸値が高まる高尿酸血症が原因で関節炎を生じる疾患です。



バナジウム水には、尿酸値を低下させる作用があるといわれています。バナジウムイオンを一定濃度含有するバナジウム水を一定量飲用することで、細胞内のカルシウムイオン(Ca2+)を高める作用があります。



筋肉細胞にあるカルシウム貯蔵器官の小胞体は、カルシウムイオン(Ca2+)濃度があるレベル以上になるとオシレーション(律動的放出)をおこし、それによって筋収縮、神経伝達物質の放出、グリコーゲンの分解を促進します。また、ミトコンドリアへのカルシウムイオン(Ca2+)流入は諸酵素の活性を高め、ミトコンドリアでの代謝作用を増強します。



筋肉グリコーゲンの分解は肝臓グリコーゲンの分解とは異なり、グルコースを経由しないでそのまま代謝燃料として消費されるため血糖値の上昇をもたらさず、筋肉グリコーゲンの消費はグルコースからのグリコーゲン生成を誘発するため、間接的に血糖値の低下につながります。



また、膵臓β細胞の小胞体のカルシウムイオン(Ca2+)濃度も一定以上になると、カルシウムイオン(Ca2+)のオシレーションが起き、これに同調してインスリンのオシレーションも起きるのが知られています。



この反応を応用しているのが、最も一般的な糖尿病治療薬のスルホニル尿素剤であり、バナジウム水に含まれるバナジウムイオンは生体でSU剤服用と同じ反応を起こしていると考えられています。



尿酸値が高まる原因に、インスリン抵抗性があります。インスリン抵抗性とは、インスリンが効きにくい状態になることです。



インスリンが効きにくい状態になると血糖値が高まるとともに、インスリンの分泌が促進され血中インスリン濃度が上昇しますが、インスリンはナトリウム排泄と共役して尿酸の尿中排泄を抑制します。また同時にプリン生合成経路とトリグリセリド経路が活性化されて尿酸の産生が増加します。これらにより、尿酸値が高まります。



バナジウム水に含まれるバナジウムイオンは、血中インスリン濃度の低下、プリン体合成の減少をもたらすことで、尿酸の生成の抑制と排泄を正常化する結果、尿酸値の低下をもたらし、痛風の予防・改善に効果があると考えられています。



痛風に効果的なバナジウムイオンの摂取量は、1日当たり80〜100μgが必要なようです。これは、バナジウムイオンを200μg/L含むバナジウム水ならば、500ml飲むことで足りる量です。



バナジウム水の効用 / バナジウムの効能 / バナジウム水と糖尿病改善作用 / バナジウム水と痛風 / バナジウム水とがん抑制効果 / バナジウム水と糖尿病 / バナジウム水でインフルエンザ予防 / バナジウム水と便秘改善効果 / バナジウム水と貧血予防効果

スポンサードリンク


バナジウム・サプリ 最新一覧 By 楽天


バナジウム水 最新一覧 By 楽天






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。