スポンサードリンク

美味しい水

美味しい水と感じるには、ミネラルを適度に含んでいる必要があります。何も不純物を含まない純粋の水は実に味気ないものです。また、ミネラルを過剰に含むと飲み水として適さないものになります。



水というものは物質を溶かし込む性質を持っています。ですから、山岳地帯に降った雨や雪が川や地下水や伏流水となって、その土地の地層からミネラルを溶かし込みながら流れ下ったり地下に滞留したりするんです。そして、わたしたちが口にする天然水となるわけです。



ですから、天然水といわれる水はその土地ごとに異なったものとなります。総じていえるのは、日本の天然水は軟水といわれ、ヨーロッパ大陸の天然水は硬水といわれることです。



硬水と軟水の違いは水に含まれるミネラル分のカルシウムとマグネシウムの含有量で分けられていて、1リットル中100mg以下が軟水、200mg以上が硬水とされています。ミネラルは身体に必要なものですから天然水に多く含まれているほうがよさそうですが、そうではないようです。



逆に天然水に過剰に含まれている場合は飲用としては適さないとされています。バナジウム水は、適度にミネラルを含むことで美味しい天然水のひとつとされています。



美味しい水には、水の温度は大切な要因のようです。厚生省の「おいしい水研究会」の調査結果によると、20度以下となっていて、おおよそ10℃から15℃ぐらいが適温とされています。これは、体温から25℃を引いた値を目安といわれているからです。井戸水などはおおよそこの程度の温度に保たれていますからおいしいと感じるんでしょう。



バナジウム水も美味しく飲むには10℃から15℃ぐらいの水温が適温といえそうです。

スポンサードリンク


バナジウム・サプリ 最新一覧 By 楽天


バナジウム水 最新一覧 By 楽天






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。