スポンサードリンク

バナジウム水で認知症予防

バナジウム水をこまめに摂ることで認知症予防に効果があるようです。といっても、バナジウム水に認知症を予防する成分が含まれているわけではなく、水分を十分に摂取することが重要なようです。



認知症の原因の一つに、脳内の水分不足が指摘されています。健康な人の脳は、その約75%が水で占められています。人間の体の約60%が水分とされていますが、脳はそれよりも水分量比率が高く、より水分を必要としている組織といえます。



脳内にある水分としては血液があります。血液は、血管の中を移動して必要な栄養素を運びます。しかし、中高年になると、殆どの人の脳の血管中では日々小さな血栓(血の塊)などによる、目詰まりが起こるようになります。これは微小脳梗塞といいます。



微小脳梗塞は、小さい目詰まりなので大事に至ることは少ないのですが、水分の摂取量が足りないとこの血管の目詰まりが慢性化する危険性が高いといわれています。



血管が詰まると、そこから先の脳細胞はなんらかのダメージを受け、なかには死滅してしまうこともあります。したがって、微小脳梗塞が何度も起きると、やがて認知症の症状が現れるまでになるといわれています。



実際、認知症の人の脳をMRI(磁気共鳴断層撮影装置)で調べた結果、共通しているのが、脳の組織内の水分が減少し、萎縮していること、そして、脳の血管内の血流量も減少していることが報告されています。



人間の体の約60%が水分であり、発汗や排泄によって、絶えず失われることから、水分をこまめに摂取することが推奨されていますが、脳を健康に保つためにも水分補給は大切なことであるようです。



そのためには、一日1.5リットルから2リットルの水分を一回200ミリリットル程度づつこまめに飲むのが良いとされています。



例えば、寝る前、起床時、スポーツ中及びその前後、入浴の前後、そしてのどが渇く前に水分補給を心がけることが重要といわれています。



その際、砂糖や塩分などの濃度が高い飲料だと、吸収までの時間が長くなります。また、アルコールや多量のカフェインを含む飲料は、利尿作用があることで、尿の量を増やし体内の水分を排せつしてしまうので、水分補給としては適しません。



したがって、これらを含まないバナジウム水を、脳への水分補給のために用いることで、認知症を予防する作用を期待できると考えられるわけです。

スポンサードリンク


バナジウム・サプリ 最新一覧 By 楽天


バナジウム水 最新一覧 By 楽天






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。