スポンサードリンク

バナジウム水でインフルエンザ予防

バナジウム水を適度に飲むことでインフルエンザ予防に効果があります。といってもバナジウム水にインフルエンザウイルスを撃退するパワーがあるわけではありません。



私達の体にはもともとウイルスなどを撃退する免疫システムがあります。そのひとつに鼻や喉、そして、肺に至る気管や気管支の内側にびっしりと生えている線毛細胞があります。



線毛細胞は、体内に侵入したウイルスを粘液でくるみ、痰(たん)として体外へ出したり、胃の中へ運んで胃液で殺したりすることで、体をウイルスから守ってくれています。



線毛は1秒間に15〜17回程度の速さで小刻みに動く、線毛運動で、鼻やのどの表面にある粘液に流れを生み出します。体内に入ったウイルスや雑菌は、粘液の流れに取り込まれ、せきやたんと共に体外へ排出されたり、唾液と一緒に体内に飲み込まれ胃液で分解されます。



線毛運動が活発であれば、ウイルスや雑菌は、のどの粘膜細胞などに付着、増殖する前に体外へ速やかに排出されるなどして、感染リスクから免れることができます。



ところが、乾燥した場所に長時間いるなどすると体内の水分が不足して線毛が元気よく動くのに必要な粘液が失われるため、線毛運動が活発でなくなってしまいます。



そのとき、水分を摂ると線毛細胞の下から繊毛運動を活発に行える新しい粘液が補充されるので、再び活発に動けるようになります。しかも、肺や鼻の奥など、体全体の線毛を潤すことができるのは、水を口から飲んだときだけです。



したがって、線毛細胞を活発にするには、必ずしもバナジウム水でなくともいいわけですが、バナジウム水を愛用している方にとっては、風邪予防の効果も期待できますといえるわけです。



線毛運動を活発にするには、1日あたり2.5リットルの水分補給が理想とされています。3度の食事で1リットルの水分を摂るとすると、1.5リットル分の水を飲む必要があるといえます。



バナジウム水の効用 / バナジウムの効能 / バナジウム水と糖尿病改善作用 / バナジウム水と痛風 / バナジウム水とがん抑制効果 / バナジウム水と糖尿病 / バナジウム水でインフルエンザ予防 / バナジウム水と便秘改善効果 / バナジウム水と貧血予防効果

スポンサードリンク


バナジウム・サプリ 最新一覧 By 楽天


バナジウム水 最新一覧 By 楽天






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。